女性と子どものための病院

このたびの新型コロナウイルス感染症第5波の全国的拡大に伴い、特に首都圏をはじめとした大都市では妊産婦や小児の感染例が急増している情勢に配慮し、
当院における診療に際しての取り決めを、以下のとおり、令和3年8月20日(金)から大幅に変更させていただきます。               

【外来受診】
産婦人科・麻酔科

①患者様ご本人のみの受診として下さい。
通訳の方の来院はお断りします。お電話にて通訳の方と連絡が取れるようにして下さい。

②海外から帰国した妊婦様・患者様は、2週間の自宅待機後、受診して下さい。

③37.5度以上の発熱、または、呼吸器症状を有する方は、受診する前に必ず各自治体の保健所叉は
かかりつけ医へご相談下さい。
神戸市在住の方は神戸市ホームページのチャットボットもご利用ください。
078-322-6250(神戸市健康相談窓口)
078-362-9980(兵庫県コールセンター)

④保健所より本人様もしくは同居されている方がコロナ陽性または濃厚接触者となり自宅待機の指示が出た妊婦様は、すみやかに当院へお知らせ下さい。

⑤来院時、発熱が認められれば院外から患者様が当院に電話をして、担当医の指示に従って頂きます。

小児科

①付き添いは出来る限り、1名として下さい。
②付き添いは発熱のない方でお願い致します。

内科

引き続き、発熱あるいは風邪症状を持つ方の受診はお控え下さい。

【立ち会い分娩・面会】

※誠に申し訳ありませんが、新型コロナウイルスの感染拡大防止策を強化する必要がある為、第5波の終息のめどがつくまでの間、分娩時を含めご家族の立ち会い、付き添いを中止させて頂きます。ご理解とご協力をお願い致します。
 
①陣痛室での付添はお一人のみ可能としておりましたが、当面の間、付き添いを中止いたします。

②帝王切開、その他の手術の方は、配偶者またはパートナー1名様のみ、術前より病室帰室後まで院内待機可能といたしますが、感染症状及び、それと疑われる症状の方は、院外にての待機をお願い致します。

③退院時は病院玄関で患者様をお迎えください。院内へ入っていただく事はできません。

産婦人科医師  2021年8月18日 院長 山崎峰夫

お知らせ