女性と子どものための病院

7月に入り、朝晩の気温が急に上がったような気がします。
また、「ここは熱帯?」と感じるような高温多湿の場面が増えてきました。
空調が無ければ過ごせない季節、子どもから大人まで熱中症には要注意ですね。
適切な水分と塩分の補給を、皆で気をつけあうようにしましょう。

産婦人科医師 院長 山崎峰夫

お知らせ