女性と子どものための病院

4月は入学、就職のとき。
直接縁のないはずの自分まで、街には華やいだ空気を感じます。
桜が終わると太陽の輝きが増し、人々はより多くの力を得ることができるでしょう。
暮らしが季節の移ろいとともに変化するのを、自然に受け入れ、楽める…、そんな生活を大切にしたいものです。
新年度になり、私たちも一層みなさまのお役に立てるよう、職員一同気分を一新して努めてまいります。

産婦人科医師 院長 山崎峰夫

お知らせ